【生きることは想いを伝えることだ】amazarashiの歌詞の考察『無題』編

amazarashi,,無題,歌詞,意味,考察

「日常に降りかかる悲しみや苦しみを雨に例え、僕らは雨曝だが「それでも」というところから」
その名が名付けられた覆面バンド「amazarashi」。

他のバンドでは決して聞くことのできない歌詞の作りこみ方、その独特な歌声は、彼らにしか生み出すことのできない世界観を作り上げています。

聴く人を選ぶか選ばないかと言ったら間違いなく選ぶこのアーティストの歌の歌詞を、自分なりに紐解いていきたいと思います。

今回は『無題』をチョイス。

スポンサードリンク

amazarashi 『無題』の歌詞

木造アパートの一階で 彼は夢中で絵を描いていた 描きたかったのは自分の事 自分を取り巻く世界のこと
小さな頃から絵が好きだった 理由は皆が褒めてくれるから でも今じゃ褒めてくれるのは 一緒に暮らしている彼女だけ
でも彼はそれで幸せだった すれ違いの毎日だけど 彼女はいつもの置手紙 桜模様の便箋が愛しい
気づいたら夜が明けていた 気づいたら日が暮れていた 気づいたら冬が終わってた その日初めて絵が売れた

状況はすでに変わり始めてた 次の月には彼の絵は全て売れた
変わってくのは いつも風景
誰もが彼の絵を称えてくれた 彼女は嬉しそうに彼にこう言った
「信じてた事 正しかった」

絵を買ってくれた人達から 時々感謝の手紙を貰った 感謝される覚えもないが 嫌な気がするわけもない
小さな部屋に少しずつ増える 宝物が彼は嬉しかった いつまでもこんな状況が 続いてくれたらいいと思った
彼はますます絵が好きになった もっと素晴らしい絵を描きたい 描きたいのは自分の事 もっと深い本当の事
最高傑作が出来た 彼女も素敵ねと笑った 誰もが目をそむける様な 人のあさましい本性の絵

誰もが彼の絵に眉をひそめた まるで潮が引くように人々は去った
変わってくのは いつも風景
人々は彼を無能だと嘲る 喧嘩が増えた二人もやがて別れた
信じてた事 間違ってたかな

木造アパートの一階で 彼は今でも絵を描いている 描きたかったのは自分の事 結局空っぽな僕の事
小さな頃から絵が好きだった 理由は今じゃもう分からないよ 褒めてくれる人はもう居ない
増える絵にもう名前などない

気付けばどれくらい月日が過ぎたろう その日久々に一枚の絵が売れた
変わってくのは いつも風景
その買主から手紙が届いた 桜模様の便箋にただ一言
「信じてた事 正しかった」

『無題』の歌詞のストーリーと考察

絵を描くことが好きな男と、それを応援する彼女。
自分の好きな「絵を描くこと」を続けていたら、気が付いたら世間からそれが認められ評価される。

二人は絵を評価されて喜び、もっと自分の表現を追求していく。
しかしその結果、自分のエゴが詰まった作品になり、世間からから評価されなkなる。

昔の絵が好きだった彼女ともうまくいかなくなり、別れてしまう。
それでも自分を信じて絵を描き続ける男。そして、、

ストーリーだけを読み解くと、このような物語。

絵を描くことでしか自分を表現できない男と、
手紙を書くことでしか想いを伝えることができない女の
二人の物語です。

歌詞だけを聴くと普通のラブソングに聞こえなくもないですが、
この歌詞の中にある「絵」を、何か自分の好きなものに置き換えるとどうでしょう。

絵でもなくても、歌や踊りや楽器や映画でもなんでも、自分が心から陶酔できるものに。

スポンサードリンク

自分の好きなことを続ける辛さ・それを見守る辛さ

自分の好きなことで生きていく。お金が稼げるようになる。
それって本当に難しいことだし、たとえ成功したとしても、今後は周りが自分の評価を勝手に作り上げていきます。

「〇〇らしさ」とか「◆◆っぽい」とか。
それは全て外部からつけたもので、そしてそれは自分の想いとは裏腹にどんどん固定概念化していく。
自分の作りたいもの、伝えたいことよりも、外部からの評価を得るための、創作を続けることも多いでしょう。

たとえ仕事でなく趣味であっても、
「大人になっていつまでも何をしているの?」だとか「もっとためになることをやれ」だの、
自分の好きなことを続けることってとても大変なことで。

自分の周りも結婚やら出産で、
それまで本気で取り組んでいたことをあきらめたり辞めてしまう人が本当に多くて。

この歌は、そんな人達に向けたアンチテーゼになっているような気がするのです。

本当に相手のことを想っているのであれば、

この彼女のように手紙という形で応援をすることはできないのか?
そんな相手の趣味も含めて、愛で包み込んで一緒にいることはできないのか?

この物語の中では彼らは分かれてしまいますが、彼女はずっと彼女なりの形で応援を続けていました。

そんな、相手の想う気持ちに、手段も方法も関係ないとこを『無題』では伝えたいのではないかなと思います。

しがらみだらけの社会で、どんなに不器用でも不器用なりに、
自分の想いを表現して、伝え続けることは本当に尊いことだなと、この曲は教えてくれます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です