吉祥寺に住み始めて3ヶ月の僕が、やっぱり魅力を感じる3つの理由

住みたい街ランキングで何年も上位を譲らないけれど、実際に住むとなるとミーハーと思われがちで、少し敬遠されがちな街、吉祥寺。
東京23区からちょっとだけ外れた武蔵野市に位置するこの街は、世間のイメージが先行しすぎていて、
実情を語られることはあまり多くない気もする。土日の井の頭公園の激混みが多くの人の頭によぎったことでしょう。

実際吉祥寺ってどうなの?という世間の疑問にお答えするべく、
今回は住み始めて3ヶ月、まだまだ吉祥寺初心者の僕の色眼鏡の補正がかかりまくりな、吉祥寺の魅力をご紹介します。

電車を使わなくても、吉祥寺だけで全て手に入る

何より、もう本当にこの街は便利。
スーパー、デパート、飲食店、居酒屋、家電量販店、映画館、服屋、公園、カフェ、本屋、100均、TSUTAYA、etc….
20代前半の僕が生きていく上で必要な要素は、この街の中で全てがこと済んでしまう。

便利を通り越してもはや狂気。
特に用事がなければ、休日も特に他の街に行くこともなく、吉祥寺だけで生きて行けてしまう。

土日にしか来ない観光客にとっては、常に混んでいるだけの街なのかもしれないが、
電車に乗らなくても徒歩で全ての買い物が最寄りの駅でできてしまうって、実はものすごいことなのである。
後にも記述するが、都心へのアクセスも良好。15分ほどで渋谷・新宿までいけてしまう。
この立地であって、ここまで多くの施設が集積している街は、他にはないのではないだろうか。

朝昼晩、どんな用途でも外食が楽しめる

吉祥寺というを、おしゃれなカフェでランチ♡なイメージを持たれている方が多いと思います。
まあそれは事実なのですが、それだけでないのが吉祥寺のすごいところ。

朝はモーニングをやっているカフェでコーヒーやパンに舌鼓を打てて、
昼はもちろんカフェランチでもよし、長く続く喫茶店や食堂で定食を食べるのもあり、
夜はハーモニア横丁で呑んだくれたり、バーでまったり過ごしのも粋ですね。

もちろん渋谷新宿といったターミナル駅でもこれらは全て叶うかもしれませんが、
ほとんどの飲食店が駅の周りに集まっているのに、チェーン店はあまり多くなく、この駅だけの独自性を保っているのも特徴ですね。

まだ自分は全然街を開拓できていませんが、きっと住んでいる間には行ききれないくらい素敵なお店が多いんだろうなあ。

なんだかんだアクセスは良いし、平日は人少なくて快適!

吉祥寺を通っている沿線は、JR中央線、総武線(東京メトロ東西線)、京王井の頭線。
井の頭線においては終点なので、飲んだ帰りも安心です。渋谷からも少し待てば確実に座れますしね。

新宿までは中央線快速で15分、
渋谷までは井の頭線の急行を使えば20分で一本です。
東西線も通っているので、東京メトロへの乗り入れもらくらくですね。

自分はダンスをしているのですが、スタジオの多い新宿と渋谷に一本で出られるのはなかなかに嬉しいものです。

そして吉祥寺は混んでいるイメージを持たれがちですが、それはあくまで休日の話。
平日の夜は基本的にどのお店も空いていて、ゆっくり過ごしたい日にはもってこい。

ぜひとも一度、遊びに来てみてください。

吉祥寺に住んでみて

ここまで吉祥寺の魅力を紹介してきましたが、
住み始めてたった3ヶ月の僕にも、この街がなぜ住みたい待ちとしてあげられるのか、少しわかった気がします。

便利な街に住みたいけれど、常に喧騒にかられているのは嫌だなあ。
美味しいものを食べに行くのは好きだけれど、いちいち遠出をするのはめんどくさい。。

気軽に届く便利さと美味しさと住みやすさが、きっとこの街には溢れているんだと思います。
今の家はとりあえず2年契約ですが、一度住んでしまったら、なかなか離れられそうにないなあ、吉祥寺。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です