現在進行形でルームシェア中の僕が実践する注意点、友達とうまくいく方法!

ルームシェア

ルームシェア。良い言葉の響きですね。
僕は今大学時代の友人とルームシェアをしていますが、かなり快適に生活を送れています。

最初は仲良かったけど、途中から完全にお互いに別々の生活を送り始めた。
生活習慣が違いすぎて、仲が悪くなってしまった。
などいろんな良くない声も多く聞くルームシェアですが、せっかく一緒に住むのなら快適に楽しく暮らしたいですよね。

今回は絶賛ルームシェア中の僕が、実際に実践している方法を伝授いたします!

スポンサードリンク

ルームシェアにおすすめの物件

ルームシェアをする上で何より大切なのが、部屋の間取り!
部屋の数ももちろんですが、部屋の配置にも重要なポイントがあります。

ルームシェアにおすすめの部屋の間取り

まずは必要最低限、住む人数の部屋を確保しましょう。
2人で住むなら最低でも2Kは必須ですね。

欲を言うのであれば、2DKや2LDKのように、お互いの部屋以外に過ごせるスペースがあるとなお良いです。
プライベートの空間とシェアの空間が別れているだけで、ストレスなくお互い過ごすことができますし、共用のものをおけるすスペースを確保することで、自分の部屋の空間も広がります。何か必要なときにお互いの部屋をいちいち行き来するようなことはなるべく避けたほうが、お互いの良好な関係のためになります。

音が響かないかはめちゃめちゃ重要!

間取りと並んで大切なのが、部屋の配置です。
お互いの部屋が壁一枚でつながっているだけだと、せっかく違う部屋に住んでいるのに、お互いの生活音が気になってしまってくつろげません。

おすすめなのは、部屋の間に押入れなどの収納がある間取り!
我が家もそのような間取りですが、相手の部屋の音はほとんど聞こえないので、自分の部屋では何も気にせず過ごせます。
内見に行くときに、ぜひそこも参考にしてみてください。

ルームシェアをする上での注意点・友達とうまくやる方法

お金に関することはシビアに!共用の財布を作ろう!

金の切れ目は縁の切れ目ともいうように、他人だからこそ発生しかねないお金の問題。
共通で使う生活用品や食費、光熱費などを支払うための口座・もしくは財布はしっかり用意しておきましょう!

うちでは毎月家賃+2万円を口座に振り込んでいて、そこから生活費を賄っています。
余ったものは翌月に回したり、美味しいものを食べに行ったりと、二人のために使えると節約することも楽しくなりますね!

ギブアンドテイクを忘れずに生活しよう!

うちでは基本的にギブアンドテイクの方針で生活をしています。
料理を作ってもらったら後片付けをしっかりする。お風呂掃除をしてもらったらトイレ掃除をする。など、どちらかが一方的に多く仕事をしないことを心がけています。

何事もやってもらって当たり前、みたいな感覚をもたないことが大切ですね。

一緒に食事をする時間は必ずとろう!

個人的にはここがツボなんじゃないかなあって思ってます。
我が家では節約のために基本的に自炊が多いのですが、一緒にご飯を食べて一緒に過ごす時間があるだけで、お互いの関係は良好なままでいられるなあと思っています。

せっかく一緒に住んでいるんだから、わざわざ別々の部屋で寂しくご飯を食べず、一緒にご飯を食べましょう。
人と一緒に食べることが一番のスパイスだなあって思ってます。自分の作った料理を美味しいって言われると嬉しいですしね。

スポンサードリンク

お互いに思いやりをもってルームシェアを楽しもう

以上、ルームシェアのポイントをお伝えしてきました。
住み始める前に変にルールを作ってしまうよりも、お互いが住む中で「こうしたほうがいいね。ああしたいね。」と1つずつ決まりごとを作っていくことが大切だなと思います。

あくまでも相手は他人。ということを忘れずに、思いやりをもってルームシェアを楽しんでいきましょう。
家に帰って一人じゃないって、案外悪くないものですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です